心筋梗塞とは

心筋梗塞というのは心臓の周囲にある冠動脈の動脈硬化により血管の内側の空間が狭まって、血液の流れが停止し、酸素や様々な栄養が心筋に配達されず、筋繊維が壊死する大変恐ろしい病気です。
「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)」とは、身体の中の脂肪の占めているウェートであり、「体脂肪率(パーセント) = 体脂肪量(somatic fat volume)÷体重(weight、kg )×100」という計算によって弾きだせます。
30才から39才までの間に更年期になったら、医学的な言葉で表すとPOF(Premature Ovarian Failure)という病を指します(我が国では40才以下の女性が閉経する症状のことを「早発閉経(POF)」と称します)。
子供の耳管の構造は、大人に比べて幅広で短い形で、しかも水平に近いため、様々なばい菌が入り込みやすくなっています。小さな子どもが急性中耳炎にかかりやすいのは、この構造が関わっています。
万が一血液検査で危惧していた通りエストロゲンなどの分泌量が基準値を下回っていて早発閉経(そうはつへいけい)だと判明した場合、少ない女性ホルモンを補う治療で良くなることができます。
胸焼けが特徴の逆流性胃腸炎は、食事が欧米化したことに加えてタバコを吸う事・アルコール・肥満等のライフスタイルの悪化、ストレスなどに縁って、殊更日本人に多く発症している疾患なのです。
肝臓をいつまでも元気に保ち続けるためには、肝臓の毒素を無毒化する作用が衰退しないようにする、即ち、肝臓を老けさせない対処法を迅速に開始することが有効です。
脂溶性のビタミンDは、カルシウムが体に吸収されるのをサポートする特徴で知られており、血液中のCa濃度を調整して、筋肉の動き方を操作したり、骨を生成したりしてくれます
気分障害のうつ病では副交感神経が優位になると脳内で分泌される神経伝達物質であるセロトニンが不足し、憂うつ、数時間しか眠れない不眠、著しい倦怠感、疲労感、食欲の低下、焦り、顕著な意欲の低下、希死念慮、そして重症化すると自殺企図などの深刻な症状が心身に現れます。
不整脈の期外収縮(きがいしゅうしゅく)は、健康な場合でも出ることがあるため深刻な心臓の障害ではないにしても、例えば発作が繰り返して発生する場合は楽観視できないといえます。
毎日の規則正しい生活の継続、腹八分目の徹底、楽しい運動等、古典的とも思える身体への注意が肌の老化防止にも関わっているということです。
近年患者数が増加している花粉症とは、森のスギやヒノキ、ブタクサなどの飛散するタイプの花粉がアレルゲンとなり、くしゃみ・目のかゆみ・鼻づまり・鼻みずなどの憂うつなアレルギー症状を齎す病気として知られています。
ポリフェノールで最も有名な特性はL-アスコルビン酸(ビタミンC)や脂溶性のトコフェロール(ビタミンE)違い、細胞間の水溶性部分や脂溶性の部分、ひいては細胞膜でも酸化を防ぐ作用をいかんなく発揮します。
ジェネリック医薬品は新薬の特許切れの後に発売され、同一の成分で金銭的な負担が小さくて済む(クスリの金額が高価ではない)後発医薬品です。
クモ膜下出血(SAH)とは9割近くが「脳動脈瘤」と言われる脳の血管にできるコブが破裂して脳内出血する事によって引き起こされてしまう病だということを多くの人が知っています。
ブリアン歯磨き粉通販 | ママ友の口コミで効果を実感

古くからいろいろな効能で知られるすっぽん

古くからいろいろな効能で知られるすっぽん
すっぽんは昔から身体にとっていいものとして知られているものです。とくに注目されているのは体力の維持に効果があるということで有名です。すっぽんを食べることで低下している体力の維持ができるとされています。 続きを読む “古くからいろいろな効能で知られるすっぽん”