牛乳瓶の底メガネ

牛乳瓶の底メガネ
「牛乳瓶の底と」といっても今の人にはなんのことかわからない人もいるかもしれませんね。
最近の牛乳はパックに入っていることがほとんどですから、たまにビンの牛乳も見かけますけれど、わたしが20歳頃ことですが、目が悪くて眼鏡をかけていました。
視力が低いほど目が悪いほど、眼鏡をレンズの厚さが厚くなります。
目と眼鏡を原理からそうなるんでしょうね。詳しいことはよくわかりませんけど、わたしの場合は視力が0.1以下で強度の近視でものすごい分厚い眼鏡をかけていたんですす。
昔はレンズの厚い眼鏡を見て牛乳瓶の底のようなだねといっていたんですよ。
昔は眼鏡のレンズはガラスかプラスチックだったんです。どちらも利点や欠点があります。
まずはガラスの場合は、値段が安いのことです。しかし落とすとわれてしまう、衝撃に弱いという欠点がありました。
プラスチックレンズはガラスに比べて軽いんです。これはガラスレンズの眼鏡とプラスチックレンズの眼鏡をかけてみるとその違いに驚きます。
そして落として割れない衝撃に強いのです。
ただガラスレンズに比べて値段が高い、ことやレンズが厚くなるという欠点がありました。
でも最近はそういった欠点も補われてきました。

バストと異性に関する自分の考え方

貧乳女子
私の理想のバストは男にとってそれは大部分の男の人は好む巨乳だと思います。
顔をうずめた時に気持ちいいですし、揉みごたえがあります。

程よい大きさというのもはりが合ってなんだか可愛らしいものです。

しかし人気のない貧乳であっても希望はあります。それは感度です。いくらバストが大きくても愛撫して感じてくれなければ面白くありません。

理想のバストを順位化すると
1位巨乳(感度良し)
二位程よい大きさ(感度良し)
3位貧乳(感度良し)
4位巨乳
5位程良い大きさ
6位貧乳
こういったところでしょうか。

もう1つ目を引かれるのは形のよさいわゆる美乳ですね。正直形のいいバストには目が行ってしまいます。

それなど寄せてあげるブラを使いこなしたりやパッドでごまかすのも1つの手でしょうね。

バストで勝負できないなら性格・顔・スタイルファッションセンスなどの自分磨きをしたほうが良いでしょう。バストより顔!性格!カッコイイ人カワイイ人というのは意外と多いです。

後はフィーリングが合う人をさがすか、バストなんて関係ない!という人とめぐり合うのを待った方が良いでしょう。

もちろんバストがでかくて顔が良くてファッションも良い人が理想ではありますが、そんなひとはそうそういませんよね

やはり、バストアップは女子には必須です。
今はサプリメントで胸が大きくなるのです。
バストアップサプリ人気ランキング
上記を参考にして胸を大きくしてみましょう。