白髪を見つけると憂鬱になってしまいます。

白髪を見つけると憂鬱になってしまいます。

白髪を見つけると憂鬱になってしまいます。
子供の頃、白髪が気になり始めた母親から「白髪がないかどうか探してみて、見つけたら抜いて」と言われて、白髪を探したことがあります。自分も白髪が気になる年齢になりましたが、ブラッシングの時などに白いものが混じっていると抜き取りたくなります。
しかしあるテレビ番組で、白髪を抜いてしまうと抜いた後の髪が生えにくくなるので、抜かずに根元からカットすべきだと言っていたのを聞きました。それ以来抜かないでカットするようにしています。そうはいっても白髪を1本だけ切ると言うのは、ちょっと難しく感じます。第一、白髪を見つけた時にいつでも手元にハサミあがるとは限りません。手元にハサミがある時でも、切るつもりのない他の髪まで切ってしまいそうになったり、せっかく探して掴んだ白髪が切る前に指からすり抜けてしまい、また探さなくてはならない羽目になったりします。髪の根元の方は直接目で見ることはできないので、白髪の生えた根元を確認するのに鏡を使っていますが、直接見るのに比べて鏡を通してみるときは位置関係を把握しづらく、思ったより手間取ってしまいます。
ヘアカラーでかぶれたことのある自分にとっては、白髪の問題は解決しにくい悩みの種となっています。