牛乳瓶の底メガネ

牛乳瓶の底メガネ
「牛乳瓶の底と」といっても今の人にはなんのことかわからない人もいるかもしれませんね。
最近の牛乳はパックに入っていることがほとんどですから、たまにビンの牛乳も見かけますけれど、わたしが20歳頃ことですが、目が悪くて眼鏡をかけていました。
視力が低いほど目が悪いほど、眼鏡をレンズの厚さが厚くなります。
目と眼鏡を原理からそうなるんでしょうね。詳しいことはよくわかりませんけど、わたしの場合は視力が0.1以下で強度の近視でものすごい分厚い眼鏡をかけていたんですす。
昔はレンズの厚い眼鏡を見て牛乳瓶の底のようなだねといっていたんですよ。
昔は眼鏡のレンズはガラスかプラスチックだったんです。どちらも利点や欠点があります。
まずはガラスの場合は、値段が安いのことです。しかし落とすとわれてしまう、衝撃に弱いという欠点がありました。
プラスチックレンズはガラスに比べて軽いんです。これはガラスレンズの眼鏡とプラスチックレンズの眼鏡をかけてみるとその違いに驚きます。
そして落として割れない衝撃に強いのです。
ただガラスレンズに比べて値段が高い、ことやレンズが厚くなるという欠点がありました。
でも最近はそういった欠点も補われてきました。

バストと異性に関する自分の考え方

貧乳女子
私の理想のバストは男にとってそれは大部分の男の人は好む巨乳だと思います。
顔をうずめた時に気持ちいいですし、揉みごたえがあります。

程よい大きさというのもはりが合ってなんだか可愛らしいものです。

しかし人気のない貧乳であっても希望はあります。それは感度です。いくらバストが大きくても愛撫して感じてくれなければ面白くありません。

理想のバストを順位化すると
1位巨乳(感度良し)
二位程よい大きさ(感度良し)
3位貧乳(感度良し)
4位巨乳
5位程良い大きさ
6位貧乳
こういったところでしょうか。

もう1つ目を引かれるのは形のよさいわゆる美乳ですね。正直形のいいバストには目が行ってしまいます。

それなど寄せてあげるブラを使いこなしたりやパッドでごまかすのも1つの手でしょうね。

バストで勝負できないなら性格・顔・スタイルファッションセンスなどの自分磨きをしたほうが良いでしょう。バストより顔!性格!カッコイイ人カワイイ人というのは意外と多いです。

後はフィーリングが合う人をさがすか、バストなんて関係ない!という人とめぐり合うのを待った方が良いでしょう。

もちろんバストがでかくて顔が良くてファッションも良い人が理想ではありますが、そんなひとはそうそういませんよね

やはり、バストアップは女子には必須です。
今はサプリメントで胸が大きくなるのです。
バストアップサプリ人気ランキング
上記を参考にして胸を大きくしてみましょう。

久し振りのお寿司に朝から大興奮

久し振りのお寿司に朝から大興奮
いつも決まって頼むお寿司屋さんがあります。しばらくお寿司を食べていなかったこともあって、久しぶりに今夜はお寿司の配達をしてもらおうかという事になりました。今夜は食事の支度をしなくてもいいことと、大好きなお寿司をお腹いっぱい食べることができることが嬉しくて、朝からテンションが上がってしまいます。

夕食を作らなくてもいいことで、こんなにも開放的な気分になれることと時間に余裕ができり事を改めて感じ、我ながら主婦って毎日本当に大変だなと思ったりもします。

お昼ご飯はいつもより少なめに簡単に済ませることにします。機嫌がいいから掃除などもいつもより早く終えることができ、夕方になるのが待ち遠しくて仕方がありません。頃合いを見て注文の電話をし、後は配達されてくるのを待つのみです。
この時間が何よりも長く、テレビを見ながら待っていたけれど、心ここにあらずという事で内容の方は一向に頭に入ってきません。

他の家族はというと、いつもと変わりない様子、テンションが高いのはどうやら私だけのようでちょっと恥ずかしさを感じてしまいました。それでもお寿司が届くとばらばらにいた家族が一斉に勢ぞろいします。「おいしねー」と言いながら、なんて幸せなんだと心から思うひと時でした。

自転車を買ってきました

自転車を買ってきました
普段からの運動不足が気になってもいたので、以前から自転車が欲しいと思っていました。しかし、車で買い物へ行くことがほとんどなので、持ち帰るのが大変な自転車を買って帰れません。このままではいつまでたっても買うことができないと思い、思い切ってお店へは歩いて行って帰りは買った自転車で買ってこようと思い立ちました。

道中日に焼けないように薄目の長袖の服を着て帽子を深くかぶって出かけます。車では10分ほどでつく道も、歩くとさすがに遠いです。無言でひたすら歩き続けているうちに、額からも体からも大量の汗が噴き出してきます。目指すお店の看板が目に入った時は本当にホッとしました。あと一息!と自分に言い聞かせながら歩き続け、やっとのことでお店に到着します。

真っ赤な自転車を買うことに決め、係に方にメンテナンスしてもらいます。帰りは自転車で帰れるので気が楽です。真新しい自転車に乗って風を切って走るととても気持ちがよく嬉しくなります。しかし、それも初めの内だけで、すぐに太ももが痛くなり、足が重くなり始めます。はぁはぁ言いながらやっとのことで帰宅、そのまま倒れ込んでしまいました。シャワーを浴びて一息ついたころにはもう体のあちこちが痛み始めています。せっかく買った自転車、もうちょっと体力をつけて乗りこなさないと!

わが家のペット

わが家のペット
年を重ねるごとに死に対して悲しい気持ちがつのることは想像できます。

私はペットがいつか死ぬことを覚悟で飼い、その時が来たら一生懸命看病して送り出します。
死を受け入れ、うちに来てくれたことに感謝し、いつか私もそっちへ行くから待っててねと言います。

死の受け入れは困難なことです。
ペットロスになる人もたくさんいます。
現代では核家族になり、人が死んでいくところを見たことがない人もたくさんいます。
ペットの死さえ受け入れられないなら、人の死はどう受け入れるのでしょうか。
受け入れられるのでしょうか。

あるSNSで「宇宙猫の会」に入っています。
飼っているニャンコは実は宇宙猫だった!
宇宙から来た猫は地上での任務を終えるとまた宇宙へと戻っていくのだ。
そういう考えをする人が集まっています。
ペットが生きている間は思いきり可愛がり、亡くなると宇宙へと送り出してあげます。
ペットの死を受け入れやすい優しい考えだと思います。”

白髪を見つけると憂鬱になってしまいます。

白髪を見つけると憂鬱になってしまいます。
子供の頃、白髪が気になり始めた母親から「白髪がないかどうか探してみて、見つけたら抜いて」と言われて、白髪を探したことがあります。自分も白髪が気になる年齢になりましたが、ブラッシングの時などに白いものが混じっていると抜き取りたくなります。
しかしあるテレビ番組で、白髪を抜いてしまうと抜いた後の髪が生えにくくなるので、抜かずに根元からカットすべきだと言っていたのを聞きました。それ以来抜かないでカットするようにしています。そうはいっても白髪を1本だけ切ると言うのは、ちょっと難しく感じます。第一、白髪を見つけた時にいつでも手元にハサミあがるとは限りません。手元にハサミがある時でも、切るつもりのない他の髪まで切ってしまいそうになったり、せっかく探して掴んだ白髪が切る前に指からすり抜けてしまい、また探さなくてはならない羽目になったりします。髪の根元の方は直接目で見ることはできないので、白髪の生えた根元を確認するのに鏡を使っていますが、直接見るのに比べて鏡を通してみるときは位置関係を把握しづらく、思ったより手間取ってしまいます。
ヘアカラーでかぶれたことのある自分にとっては、白髪の問題は解決しにくい悩みの種となっています。

古くからいろいろな効能で知られるすっぽん

古くからいろいろな効能で知られるすっぽん
すっぽんは昔から身体にとっていいものとして知られているものです。とくに注目されているのは体力の維持に効果があるということで有名です。すっぽんを食べることで低下している体力の維持ができるとされています。 続きを読む “古くからいろいろな効能で知られるすっぽん”